スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
来年のご挨拶を、とり急ぎ。
ゆく年 くる年 。

なんてありがちな言葉、死んでも書いてやらない。

などと思っていた僕ですが、
「ありがち」ということは、
広く一般に認知されているという事で・・・。
つまり、人気が在るということで・・・。

この時期のみんなのきもちと
時間の「色」みたいなもんを
うまいこと表した
素晴らしい表現なのかなぁ・・・。

と、思い直しました。
ごめんよ、ゆく年くる年。

たしかに、今年は ゆく よなぁ・・・。
そして、新しい年が くる よなぁ・・・。

俺は、どこにいくんだろう?
知ったこっちゃねえな。
なるようにしかならないさ。

さて、
「ゆく」年最後の日をすこし切なく送り出したところで
ご挨拶しようか。

この一年、僕にすこしでも関ってくれたみなさん、
今年は、ありがとう。
来年も、よろしゅう。

・・・。

来年の分も、いま言っとくか。

ありがとうございます。
みんな、魅力的な人ばかりです。






コメント


スポンサーサイト
【2005/12/31 09:27】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今が、冬だって気付いていますか?
今日は、おやすみ

卒論やバイト、講座 等々・・・。
沢山背負い込んだ大きな荷物。
無理してかついで潰れてしまう、その前に。
たまにはのんびり
なんにも考えない日があってもいい。

といううまい言いわけを思いついたので

(得てして
 言いわけというものは、
 他人ではなく、自分自身に向けて利用するべきものなのだ。)

今日は、卒論を放置。
講座の勉強はほどほどに。
(バイトはもとより休みだ。)

布団を干すために
庭に出てみる。

日差しが、暖かかった。

その光を探して、空を見上げると






今は、夏ですか?

NEC_0033.jpg


青い空
白い雲
ありがちな表現。

知らなかったよ。
冬でも、空は青いんだな。

いや、知ってたけどさ。
なんていうか
冬っていえばグレーでアンニュイな
ロンドンの空みたいなイメージ、ありませんか?

きっとこれは、
今年の夏を疎かにした俺に課せられた
居残り勉強なのだ。

皆が冬をサムイサムイと過ごしている間
俺は、夏の空を眺めている

考えようによっちゃ、悪くはないさ。

とうとう、俺の脳内も末期のようです。

そうさ、細部に目を凝らしてみれば、
夏ではないことはすぐわかるじゃないか。

常緑樹の緑は
真夏のみずみずしさを失い
うすくくすんでいる。

空気の色も、どこか渇いた感じだ。
写真からも、それが伝わってくる。
(イメージがそうさせているのか?)

雲にだって、どこか力がないように感じる。

騙されてはいけない。
今は、紛れもなく冬だ

一年ほど前から庭に居座るようになった
白と黒のぶち猫(恐らくノラだろう。)だって
今が夏なら、好んで日向でまるまったりはしないだろうよ。

あぁ、そうだ。
俺は、布団を干しに来たんだった。


一瞬に繰り広げられた
冬の旅でした。
(夏の旅でもあるのだろうか。)

【2005/12/29 20:19】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
電車が、もの凄く嫌いです。
ウェーブ。

この言葉を聞いた時、一体どんなイメージを思い浮かべるだろう?




永遠に続くような
地平線の向こうから来た
一匹の波

長い旅の終わりに
砂浜を湿らせては
行ったり
来たり
         (なのるなもない)

あるいは、
競技場の観客が選手達を鼓舞する
応援の一手法?ウェーブ

または、
美しい女性の儚げな横顔を
時には台無しに
時には最高に演出する
髪の毛の形?ウェーブ

その言葉は、
力強く優しく
そして美しいイメージ
僕達に与えてくれるのではないでしょうか。

しかし、昨日、俺は、
世界で最も醜いであろうウェーブを見てしまったんだ・・・。






ちょっとね~。
酷いよね、これは。
一寸聞いてくださいな。

まぁ、いつものように乗っていますよ俺は。電車の中に。
乗車率は80%
座席は満席、
でも立っている人には比較的広々と感じるくらい。

俺は、立っていたわけですよ。そこに。

立っていて、特に読む本もなく、
ipodから流れる音楽にもいまひとつ集中できないとしますよ?

そしたら、やっぱり、なんとはなしに下とか見つめるじゃないですか。

そこで、見てしまったんですよ。
世界最醜の、ウェーブを。

どうやら、座席は7人がけ。
でも、座ってるのは、ほとんどおっさん
なので、実質8人分くらいのキツキツぶりなんですよ。

俺の眼下では、肘と肘、膝と膝の小競り合いが繰り広げられています。

見ろ、人がゴミのようだ

などとジブリ的台詞を吐きたくなりますね。

ふと、真ん中のおじさんが
(大抵、真ん中というポジションは
 両端から幅を取っている人のしわ寄せが一点押し寄せる恐怖のポジションですね。)

軽く腰を浮かせて
自分の座る体勢と、ケツの位置を直したんですよ。

ん”、ん”~

なんていう聞くに堪えない音を喉より発しながら。

すると、
その両隣のおっさんが
おそらく不快だったんでしょう。
それとも、自らの領土を守ろうとしたのかもしれません。
おなじように腰を浮かせて体勢を治しました

すると・・・。
もう、お分かりですね?

その体制を治すための
腰を浮かせて座りなおす行為が
真ん中から端へ向かって
どんどん拡がっていったのです。

まるで、一枚の波のように。


あぁ、あぁ、
人は、醜いものよ。

どうして普段は臆病な日本人達は
電車の中でだけは
横柄な危険人物に変貌してしまうのか・・・。

ベッドタウンへ向かう最終電車は、まるでスラム街

どこで喧嘩が起きても不思議ではありません。

絶望した・・・。
俺は、日本の電車に、絶望した!!!!!!

 糸色 望 先生もお嘆きでいらっしゃる事であろうよ・・・。

世界で最も醜いウェーブは、電車の座席でしばしば起こる。

マナーって、知っていますか?
【2005/12/28 12:53】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
pete rock 、timemachineの新曲
今日の記事は、是非ともバイト先のゆーすけ氏に読んでもらいたい。
というか、ゆーすけぐらいにしか、わかるまい。

このホームページを見れば、わかるはずです。

http://www.handcuts.com/shopping/shopping_CD.swf

handcuts recordsから発売されたコンピで、
TIME MACHINEの新曲が聴けるらしいぞ~!!

見ましたか?このメンツ。

豪 華 す ぎ ま す 。

ビルボード的ヒット曲が好きな人にとっては
ネリー、ジェイ爺、シュグぐらいしか豪華でないんだろうけど、
(それだけでも充分過ぎるほど豪華だが)
アングラ、ジャジー好きにはヤバいんですよこのメンツ。

4~5曲試聴できるんだけど、
今回も良いね、time machine
爽やかに鳴り響くトラックに、おなじみの親しみさえ覚えるフロー。
健在でした。彼らは。

でもね、今回のチャンプは、この人。
pete rock大先生の新曲が聴けるんです。

ヤバいね~これ。
試聴しただけで机に向かってた俺のケツは浮きあがったよマジで。
メロディアスなトラックに、しっかりと重いビート。
絶妙のタイミングで刻み込むスクラッチ。
さすがは大先生。マチガイナイ仕事ぶりね。

でも、あんましコンピレーションを買わない俺にとって、
このアルバムは迷うところ。
う~ん、どうしよう・・・。

♪と、思ってた俺に舞い込む朗報
  煽るのか俺の購買意欲と行動♪


pete rock先生の曲が、限定アナログリリース!!!!!

買いに行くよ。
行くしかないでしょう。
金欠ゥ?知らねえなぁ・・・。

とにかく、上記のHPまで行く気がある方、
time machine と、pete rock は聴いてくれ。
マジで。

あ、あと、hundcutsさん、
time machineの曲も、アナログで出してくれ。
(peteとtime、両方買うならCD買ったほうが安い件w)

【2005/12/27 12:08】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
時計は、いつ、休むのだろう。
不思議な体験
素敵な経験

すべて己の糧にしてゆけ


クリスマスも終わり、
忙しさにもひと段落。
あとは
過ぎ去る一年を惜しみつつ
大晦日へ向けて突き進むのみ。

そんなyoshioが送る
ハートフル
グレイトフル
ネガティブログ、 「音、文字、それとなにか興味深いもの。」 のお時間です。
それでは、早速参りましょう。

あなたは、こんな経験をしたこと、ありませんか。



ふっ


となにげなく
時計に目をやったとき、
秒針が止まっているかのように見えたこと


あるかい?

慌てて目を凝らすと、
秒針はとぼけた様子で
何事もなかったかのように、動き出す。

僕達は、あっけに取られたまま、秒針を見つめる。

きっとこいつは怠け者なのさ。
このままこうして観察していれば
かならずまた、動きを止めて一休みするはずだ。

そう思って見つめ続けるも
秒針はそれをあざ笑うかのごとく
勤勉な仕事ぶりを見せ付ける。

ありますよね?
こんな経験。
それも結構な頻度で。

きっとこれは、時間の流れ方の問題なんじゃないかな。





ニンゲンと違って、時間ってヤツは
休む事を許されない。
他のイキモノが全て寝静まっている間にも
時間は進み続けなければ
世界は混乱してしまう。

でもさ、働いてばっかじゃ、嫌になっちまうよな。

だから、時間は、ときどき
人目を盗んでひと休みするんだ。

そのせいで、長く使ってる時計は遅れてくるし
うるう年なんておかしな年も生まれるのさ。


もちろん、そんな考えは妄想から出た嘘なわけだし、
その嘘から真実は生まれない

でも、科学的根拠を並べ立てて説明するよりも
こっちの方が夢があっていいじゃないか。

メルヘンでしょう。




だからさ、こんなふうに
ひと休みしてる秒針を見つけても
とがめないであげて欲しいんだ。

彼らにも、休息は必要なんだから

【2005/12/26 16:27】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
静かな夜に、響く銃声。
メリ~クリスマス。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
ひょっとすると、今日の記事なんて
読む暇ないよなんていう人のほうが多い気もしますが
それも今の日本の現状。

受け入れましょう。

ただ、面白い画像を友人から入手したので貼り付けます。

予定の無い方、おめでとう。
予定のある方、ざんねんでした。
56967156_175.jpg


諸事情てwww
どうみても射殺です。本当にありがとうございました。

追伸:
  最近、忙しくて更新できない日々が続いており、
  関係者の方々には大変ご迷惑をおかけしております。

  ネタなら腐るほどたまっているので
  早いとこ生活リズムを整えて
  元のようにyoshioイズムブログに戻りたいと思い
  スタッフ一同、全力で復旧作業に当たっております。  

  いましばらく、ご辛抱ください。
【2005/12/24 12:12】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(3) |
え~・・・「最終日」っと・・・。
12月21日(水)卒論週間6日目。
記入者:?
観察対象:yoshio

長かったが、今日で最終日だ。
俺は何事においても「最後」って言葉がすきじゃない。

その言葉を聞いたら、そこで全て「はい、おしまい。」
寂しいじゃないか。

好きなドラマが終わるとき
好きな漫画の連載が終わるとき
小説が終盤にささしかかり
ステレオがアウトロを奏ではじめる

まぁ、そんな切ないイメージを持つ「最後」だが、
今日のyoshioにとっちゃ
これほど素敵な言葉も無いだろうよ。

今日、この観察日記を書いてるのは俺、マスターなんだが
俺には名前ってもんがない。
だから記入者の欄には何も書けない。

まさか自分でマスターって書けとでもいうのか?
そんなこっぱずかしいマネ、ごめんだね。
何日か前に書いていた・・・よしゑさんって、いったかな?
彼女にも立派な名前があるって言うのに
こりゃあ一体どういうことだ?

まぁいい。
今日は俺の愚痴をこぼすための文じゃあないんだ。




卒論週間最終日ってことで、
きっと阿呆なyoshioは年末進行とあいまって
ブログを更新している暇なんかなさそうだ。

そう思って店を早めに切り上げて様子を見に来たんだが・・・。

えらく余裕そうじゃないか。

なんでか知らないが
部屋の掃除なんぞ始めているぞ?

ん?
なんだって?

とりあえず山場は越えて、
後はまとめる作業と印刷してファイリングするだけだから余裕なんだよ?

なんてこった。
それじゃあ、今日俺がここに来る意味がなくなってしまうじゃないか。

yoshioは掃除に忙しいから
代わりに更新しといて?

まったく、調子のいいオトコだぜ。
だが、そうは問屋がおろさねえ。

俺はそこまでお人よしじゃないんでね。
わるいけど、今日は帰らせてもらうぜ・・・。
じゃあな、yoshio。
それから皆さん、ごきげんよう。




・・・。
まったく、マスターも素直じゃないんだから。
あんなこと言っておきながら
しっかりブログ更新されてるじゃんか。

ありがとう、マスター。
それじゃ、おれもそろそろ最後の仕上げにかかるとしようか・・・。

【2005/12/21 18:35】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ほぼ日手帳が、届きました。
11時を少しだけ回ったお昼前。
卒論まとめを続ける俺の耳に庭からの声が聞こえました。

おとどけもので~す!!

そうです。
そうなんです。
届きましたよほぼ日手帳!!


一日のアクセス数が100万件を超える糸井重里氏のホームページ、
ほぼ日刊イトイ新聞からうまれた
まったく新しい
とっても素敵な手帳です。

かわいらしい箱に入って登場です。
NEC_0027.jpg


それでは、開けてみましょうかね。
ぱかーん♪
おっ。なんやら色々入っとうよ。
NEC_0028.jpg


あ、なんか書いてある。
なになに・・・。

あなたの一日は、思っている以上に長い。
あなたの一年は、想像よりもたっぷりしている。
この一日を、この一年を、かわいがってやりなさい。
 ―「セフティ・マッチ氏の銀の言葉」より―


だってさ。
NEC_0029.jpg

なるほど、ほぼ日手帳のコンセプトにぴったりの言葉だ。
たしかセフティ・マッチ氏って、「ほぼ日」に登場する
謎の紳士って設定の人だっけ?


まぁいいや。
とにかく今は中身を見てみよう。
NEC_0030.jpg


ふむふむ、手帳本体に、
通販で買うとただでもらえる
カバー・オン・カバー(要はカバーにつけるカバー。)、

あっ。メモ帳もついてる!!
こまめにメモることを習慣にしつつある俺に、これは嬉しい。

おっと、オリジナルの三色ボールペンもあったぞ。

あらら、ストアノートまでしっかり入ってますよ。
しょうこんたくましいですねw
こいつはまぁ、ご愛嬌。

よーし、そいじゃ、
本体にカバーを。
カバーにカバー・オン・カバーを
装着しようかね。
NEC_0031.jpg

完成しました。
俺の、ほぼ日手帳。
色はマイブーム色の紺です。

来年は、こいつをお供に一年を過ごしてみようと思います。
おれにとって、
ちょっとやそっとじゃどうにもならない一年になりそうな2006年。
こいつとともに、素敵に無敵に乗り切りたいと思います。






余談だが、かなり話題になっているらしいね、ほぼ日手帳。
俺のこのブログにも
検索キーワード「ほぼ日手帳」で飛んできてる人が
かなりの人数で居ます。

そうなると、電車の中とかでこいつを広げて書き込んでたら

あ、ほぼ日だ・・・。
ほぼ日ね・・・。
ほぼ日だわ・・・。


なんてことになりそうで今から少し病みますが
んなこと知ったこっちゃねーよ精神ではねっかえします。
そんな視線など。
【2005/12/20 12:12】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
四日目の日記を五日目に書く。
12月18日(日)卒論週間4日目。
記入者:yoshio
観察対象:yoshio

一日中、PCに向かい、
アンケート集計したり、分析したり、
本文書いたりしてました。

ここ数日で確実に眼を悪くする自信があります。

しかし、そのおかげか、
ようやく締め切りに間に合いそうな光が見えてきました。

しかし、その報いか、
講座の課題が終わりそうにありません

とりあえず、間に合わせでやって出すのがいいのか
未完成品は忙しい講師サマに失礼だから提出しないべきなのか
俺にはわかりません。






さて、ここから、時間は正常に、
正しい時の流れとリンクします。






12月19日(月)である今日は講座の日。
結局、課題は納得のいく出来には仕上がりませんでした

でもでも、
出す事に意義が在る!!
取り組む事に価値がある!!
お金で買えない価値も在るが
帰るものはマスターカードで


などと意気込んで
とりあえず提出する事にしました。

マスターに聞かれたら、
それは綺麗ごとさなどといわれそうなので、
彼には内緒です。

さて、見つからないよう、
マスターの店の前は通らないようにしたいと思います。

行って来ます ノシ
【2005/12/19 15:28】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
志人 『Heaven's 恋文~ヘブンズ・レンブン~』
人類、必聴のアルバムってのは、たくさん在るだろう。

ビートルズ?
スティービー?
エルビス?
JB?
ニルヴァーナ?


しかし、HIPHOP、こと日本の作品となると、
その数はぐっと減ってしまうのではないだろうか。
(むしろ皆無といっても差し支えないかもしれない。)

去る12月16日、
その歴史を塗り替える作品がリリースされた。
その名は『Heaven's 恋文』。
アーティストは、志人(シビット)。

このアーティストと作品は、マチガイナク日本のHIP HOP史に名を残す事になる。
いや、
世界の名盤に名を連ねてもいいんじゃあないか。
いや、
世界の名盤と並べるには、何か違う。
彼らの音は、もともと、求めている世界観が違うのだ。

偉そうな口調で書いてきましたが、要するに
最高の音がドロップされたってことですね。

20051218200128.jpg

↑ジャケもヤバい。



今回、思ったことは、
一曲一曲の持つテーマがより明確になったかな?
ということです。

グループの場合、その曲の製作に携わる人間の多さから
どうしても、1つの曲のテーマは見えにくくなってしまいがちですよね。

その点、今回のソロのおかげで
テーマが現実味を帯びてきたんじゃないでしょうか。

そして、志人特有のフローにもさらに磨きがかかったように思います。
とくにこのアルバムでは
語尾を濁すようなフローが多用されていて
それが曲の持つ
混沌とした感じ、
昇天しそうなメロディ、
まぶしささえ憶える空気感、
これらをよりいっそう際立たせているようです。

まさに、
喋るように歌い、歌うようにライムする
最高です。
玉兎。

今の段階ではお気に入りの曲は目立つ要素を持っているもの
(ノリが良いとか、サビが憶えやすいとか)
に偏っていますが、
そのうち味が出てきて
ほとんどの曲を愛する羽目になるでしょう
この人達のアルバムはいつだってそうなんだから。

でも、とりあえず「現時点での」オススメ曲は

Sun de Shine」・・・歌うようなフローというか、もはや歌っていますw

大地」・・・これはマジでスゴい!!彼らの音楽性はもはや1つの民族音楽だ!!
       ネイティブアメリカンが夜中、焚き火の前で口ずさんでそうですw

暗殺者の恋」・・・志人的ストーリーテリング、およびハードボイルドの極み!!

あの海」・・・なのるなもない参加。
        降神的解釈のレゲエサウンド?が心地よすぎ。

私小説家と黒カラス」・・・状景描写が冴え渡る。
              ひょっとして、アレはからすの声マネなのか? 

LIFE」・・・トラック、リリック、フローともに今回の最大の山場。
       視聴するならこれを聴け!!
       3rdバース突入時のラッピンは鳥肌ものです。


とにかく、このアルバムは
ジャンルをとやかく言う前に
人類の生み出す音楽として最高の出来であるってことを言いたい。
声を大にして。
大にして。

この世、
この時代、
この宇宙、
この星、
この次元に生まれてきたというのに、
このアルバムを聴かずして
一体何を聴くというのだろう。


長い長い文章を読んでくれたあなたへ。

試聴処をご用意いたしました。

どうぞ、ごゆるりと。

(LIFEを聞かせないところがまた、ニクいね、このサイト。)
http://www.cisco-records.co.jp/cgi/title/hiphop/detail_151200.php
【2005/12/18 20:30】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
三日目のなかだるみ。
12月17日(土)
卒論週間三日目。
記入者:yoshio
観察対象:yoshio

今日はおよそ、卒論とはかけ離れた一日でした。

朝、8時に起床し、
9時半に家を出る。

11時半頃、青山到着。
30分ほど、スタバで時間をつぶす。

12時15分、講座のビデオ補講を受ける。
14時15分、補講終了。

15時、講座仲間と大戸屋で飯を食う。

16時半、バイト先到着。
17時~22時までバイト。

1時半、帰宅。
風呂に入り、今に至る。

さぁ、明日は頑張らなくては。
おやすみなさい。

それから昨日の日記を書いてくれたよしゑさん、
あの内容はないでしょう。
まるで俺がキチ○イみたいじゃないですか。
まったくもう。
【2005/12/18 02:36】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
二日目の馬鹿野郎。
12月16日(金)卒論週間二日目。
記入者:よしゑ
観察対象:yoshio

みなさま、お初お目にかかります。
よしゑと申します。
観察日記などと難しくも名誉ある役目をたまわり
身に余る光栄。
みなさま、よろしゅう。

本日、yoshioは教授様にレジュメを提出するために
はるばる登校したようです。

勿論、教授様はお忙しい身。
いきなり伺ったところでいらっしゃるはずもありませんわね。
案の定、部屋はもぬけの殻
予期していた事とはいえ、
yoshioは憤慨しているようです。

あらあらyoshioさん、
もう、お帰りですの?

ふふふ、レジュメと手紙を教授の机に置いてきたから大丈夫ですって?

相変わらず、「逃げ」がお上手な事。

あら、yoshioさん、
校舎の裏の茂みなど見つめて、どうしたのかしら?

まぁ、山鳩を見つけたのですね。

?あたりを気にしているわ・・・。
まさか、yoshioさん、例のアレをしてしまうんですの?

あぁ、やってしまわれましたね。
お得意のモノマネ、「鳩の鳴き声」。
一人、校舎の裏でなにをやっているんだか。

当然、鳩は見向きもしません
今までの経験上、まったく効果の無い事はわかっていらっしゃるでしょう?
yoshioさん、「学習」という言葉をご存知?



!!

茂みのすぐ横の扉が急に開きましたわ!!
中からは出てきたのは・・・二人の女のコのようね。

まぁ、yoshioさん、狼狽していますわ。
お察しします。
これじゃまるで、変質者ですもの。

咳払いなんかじゃあ、ごまかせないと思いますよ?

本日は、普通のニンゲンが
いわゆる変質者へと変貌する過程を
わたくしのこの眼で見て取る事ができ、
大変興味深い結果が得られましたね。



あら、わたくしったら、
卒論週間の観察日記だというのに、
yoshioさんの阿呆行動日記をつけてしまっていたわ。

でも、仕方の無い事です。
yoshioさんを観察する事、それすなわち
ひとりの阿呆を観察する事なのですから。

それでは、今日はこのへんで。
yoshioさん、
今日のところはゆっくり休みなさいな。
【2005/12/16 21:25】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
卒論週間一日目。
12月15日、木曜日。
卒論週間1日目。
記入者:yoshio。
観察対象:yoshio。

今日は午後からDAI氏の家に行った。
遊びに行ったわけではない。
卒論用のアンケート集計を手伝ってもらいに行ったのだ。

3時間ほどかけて、集計は終了。
二人でやれば、早いものだ。

その後、青星氏が合流し、3人で飯を食いに行く。
青星氏には、一寸前に
金を借りていたため、そのかわりに飯をおごる
DAI氏には、集計手伝いの感謝をこめて飯をおごる
総額4200円。
お札に羽が生えて飛んでいく様が目撃される。

カラオケに2時間程興じる。
卒論週間だというのに、何をやっているのだろうか。

今、帰宅し、この報告書を書いている。
明日は、急に教授からの呼び出しがかかったため
登校する羽目になってしまった。
このクソ忙しいときに。
恨むぜ教授。

それでは、また次回のレポートで。

【2005/12/16 00:20】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「こくご」のテストのような日記。
明日から、卒論週間です。
世間一般ではどうだか知りませんが、
わが研究室の卒論「」提出まで明日で残り1週間。

しかしながら
俺の進行状況は思わず目を覆いたくなるような有様であります。
であるからして
私というニンゲンの生活における力のほとんどを
卒論に費やすという素晴らしい1週間になるでしょう。

その間、しばらくこのブログは休止せざるを得ない。
そう考えていました。
さっきまでは。

日本語って、いやらしいですね。
完全に1つの文を語り終えてから
いきなりそれを否定するという暴挙に出る事ができます。

つまり、
「しばらくこのブログを休止せざるを得ない。
そう考えていました。」

「さっきまでは」

ということです。

そうです。
この「さっきまでは」は、「そう考えていました。」にかかる訳です。
そして、
そう考えていました。」は、「休止せざるを得ない。」にかかります。
何をといえば、「ブログを」です。

懐かしいですね。
国語のテストを思い出します。

ただ、残念な事に、今日の記事において
そんなことはどうでも良いわけです。

今日のブログで本当に言いたい事は、この次の一言に尽きます。

卒論でテンパるyoshioの神経衰弱日記」なる企画を立案しました。

ようするに、「そういうこと」です。
「どういうことか」は、テスト問題であります。
日本語の、おくゆかしさを知り、
行間を読む力を養うために、
今日、俺が何を言いたかったかを記すのは控えておきます。

ただ、1つ言えることは、
明日からの日記は今日のそれと同様、
かなりの適当ぶりをさらす事になるであろう。
と、いうことです。

(ただ、適当に書いた日の日記のほうが反響が良いと言われていることは不思議でなりませんが。)

それでは、また明日、会いましょう。
【2005/12/14 23:51】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
数字の桁くらい、幅広い男になりたい。
こないだ、講座の授業中に、
ふと、こんな話題が出てきました。

数字の「桁」の数え方は、
僕たちが知っているよりもはるかに多く存在する。


皆さん、知っているのは

一、十、百、千、万、億、兆、京くらいではないでしょうか?

実際は、この先に

垓(がい)、
じょ(のぎへんに予)、
穣(じょう)、
溝(こう)、
澗(かん)、
正(せい)、
載(さい)、
極(ごく)、


と、つづくそうです。
そして、ここからがスゴい。ぶっ飛んでる。




恒河沙(ごうがしゃ)、



阿僧祇(あそうぎ)、



那由他(なゆた)、



不可思議(ふかしぎ)、



無量大数(むりょうたいすう)



どーーーーーーん。
ぶっ飛ばされません?

あぁ、素晴らしい。
日本語って、素晴らしい。

不可思議って!
わけわからんほど大きな数ってこと?

無量大数って!!
もう数とか無意味なくらい大きいって事?
まじはんぱねえ。

個人的には那由他が好きです。

ナユタ
響きも良い。

那由他
漢字も素敵だ。

なゆた
ひらがなも可愛い。

ちなみに、小さな数は、

割 わり 小数点第1位
分 ぶ 小数点第2位
厘 りん 小数点第3位
毛 もう 小数点第4位
糸 し 小数点第5位
忽 こつ 小数点第6位
微 び 小数点第7位
繊 せん 小数点第8位
沙 しゃ 小数点第9位
塵 じん 小数点第10位
埃 あい 小数点第11位
渺 びょう 小数点第12位 「眇」とも書く
漠 ばく 小数点第13位
模糊 もこ 小数点第14位
逡巡 しゅんじゅん 小数点第15位
須臾 しゅゆ 小数点第16位
瞬息 しゅんそく 小数点第17位  (息をつく一瞬くらいの短さ?)
弾指 だんし 小数点第18位    (指をはじくくらいの一瞬?)
刹那 せつな  以下略
六徳 りっとく    
空虚 くうきょ    
清浄 せいじょう         (もはや小さすぎて清いとさえいえるってか?)

こちらも素敵ね。
刹那とか、空虚とか、
なんだか因果を感じるね・・・。

こちらは、個人的に須臾が好きです。
いつかまた、動物を飼う時がきたら、
俺はきっとこれらの名前をつけるでしょう。

猫のナユタ
犬のシュユ

ふふふ・・・。不幸な動物たちだ・・・。

皆さんは、好きな桁、ありましたか?

   ※ちなみに数字の桁のデータは、他サイト様からコピらせて頂きました。
【2005/12/12 14:44】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
手袋でさえも、思い出を記憶する。
手袋が出てきた
部屋の本棚をあさっていた時の話だ。

その手袋は紺色の中綿式ナイロン製で、
俺が高校時代に使っていたものだった。

そいつは、クリーニング屋のビニール袋に入れられて
本と本の間に、ひっそりと佇んでいた。

すっかり忘れていた。
恐らく俺がこいつをクリーニングに出したのは、
高校の卒業式の直後
  (卒業式のときの写真スナップには
   こいつをはめた俺が間抜け面をさらしている。)

ということはだ。
こいつは、クリーニングから帰ってきてから今日まで、
ビニール袋に密閉されたまま
本棚の中で息を潜めていたということだ。
帰らぬ主を待ち続けて

このビニールの中には、濃縮された時の流れが詰まっている。
俺が高校を卒業して
大学に入って
サークルのやつらと出会って
バイトの皆と出会って
就職活動して
夢に目覚めて
講座に通いだした

この4年間という時を、ビニールの中の彼は知らないのだ。
4年間を過ごしていながら
それは、空白の4年間だった

このビニールをあけたら、
4年という歳月を一気に巻き戻した
あの頃の空気が出てくるのだ。

それと同時に、
あの頃の気持ち
思い出

友情
未来
なんてものが、何らかの形を借りて
飛び出してくるんじゃなかろうか。


俺は、彼に声をかける。

「やぁ、兄弟。しばらく見かけないと思っていたが、
 こんなところで何をやっているんだい?」

彼は答えない。
答えるはずも無い。
ビニールの中にいる彼は
手袋であって、それ以外の何者でもないのだ

俺は、袋を開けた。
袋の中から溢れる光。
蘇る記憶。
思春期の想い。
ほとばしる青春。

なんてものが、出てくるようなら、
世の中
捨てたもんじゃあないんだけどな・・・orz

それでは
今から、バイトに行きます。

両手に、再会を果たしたばかりの手袋をはめて。
【2005/12/11 14:35】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
「ほぼ日手帳」に、決めました。
手帳のページも残り少なくなってきました。
冬ですね。
寒い季節がやってきました。

ページが少なくなったら、新しい手帳を買わないと。
さて、今年はどんなのにしよう?
彼は、一年を共にする相棒です。
簡単にちょいちょいっと選ぶわけには行きません。

使い勝手。
丁度良いサイズ。
好みのデザイン。
出会いの印象。

検討する項目は、山ほどあります。
さぁ、あなたは、どれを選ぶ?

  (余談だが、「手帳の高橋」の広告は毎年面白いですよ。
   興味あれば、検索してみるといいでしょう。)



と、いうことで手帳を探し続けている今日この頃なんだが、
糸井重里プロデュースの「ほぼ日手帳」に決めてしまいました。
http://www.1101.com/store/techo/index.html

この手帳の凄いとこは、
1日あたり1ページ分のスペースがあるってことです。
普通は、一月で一ページか、
せいぜい、1週間で1ページくらいのもんでしょう。

どう使うかは、持ち主次第だそうで、
毎日1つの絵を書いたり、
日記帳にしたり、
その日の名言を書き留めたりと、なんでもござれ。

もちろん、悩みましたよ。俺も。
だって、そんなにスペースがあったとこで、ものぐさな俺だ。
2~3週間で書かなくなることは眼に見えてる訳じゃないですか。

そのうえ、ポップなデザイン、
ホームページの可愛らしさから考えて、
これはどうもオンナノコ向けじゃあないのか?
という疑問もあったからです。

しばらく悩んだ後、
もういいや。
買わなかった事を悔やむより、
買った事を悔やむほうがまだいいべ。

と、決心しました。
とりあいず、予定としては肩の力を抜いて、
その日その日で気になった広告を書き留めて
それに対する自分の意見をてきと~に
(ここ、重要。しっかり書こうとすると絶対ダメになる。)
書いていこうかと思います。

もう、注文も済ませました。
ちなみに、こないだロフトでも売ってるのを見かけましたが、
WEBで買った方がいろいろと特典がついてて良いですよ。

さあ、皆さんも、「ほぼ日手帳」を買って、
一日を記録してみませんか?
【2005/12/09 18:46】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
糸井重里のはなまる。真木準の著書について。
今、はなまるカフェを見ながら、ブログを更新している。
机には、熱いコーヒーと、
なぜかつめたい お~いお茶が乗っている。
俺はどうも水分を取りすぎるきらいがあるようだ。

普段ははなまるなんて観ないんだが、
コピーライターの神、糸井重里氏がゲスト出演という事で、
朝っぱらからテレビのスイッチを入れたわけだ。

しかし、やはりそこは薬丸さん。
コピーの参考になるような話なんぞ振るわけも無い。
糸井氏は、ただただ、
普段の生活とか、カボチャの煮方の好みのハナシなんか続けている。

まぁいいや。
コピーのハナシも聞きたい気はするけど、
この人の生き方とか、話し方自体も結構好きだから。
それだけでも、朝っぱらからテレビを観てる意義はあるってもんだ。


それはそうと、昨日は本を買いに行きました。

コピーライターの神に次ぐ、
コピーライターの大御所、真木準のコピー集及び解説(エッセイ風味)『一語一絵』と、
たまたま目に留まった
夏目漱石作品の案内本?入門編的な『先生ったら、超弩級のロマンチストなのね。』の二冊です。
NEC_0015.jpg


真木準氏は、「でっかいどぉ。北海道」や、「和イスキー」などの
だじゃれコピー(本人曰く「おしゃれコピー」)や、
恋を何年、休んでますか。」などで有名。
(恋を~コピーは、最近、ドラマのタイトルにも使われましたね。)

タイトルからして、いかにも真木準らしいですよね~。
広告の究極の理想像、一枚の絵と、一行の言葉だけで人々の心を動かす
そんな究極のコピーとの出会いは、一期一会。
さすがは真木準。一語一絵とは・・・。

もう一冊の漱石大先生のほうは、
こころ』、『我輩は猫である』をつうじて
すっかり魅了されてしまったおれですが、どうも次に読む漱石作品が見当たらない。
そんな迷いを抱えていたところに、見つけたナビ的な本です。

構成は、漱石の名言が、現代風の写真とともに数点。
作品の要約。
漱石作品は、この順で読め!!
声に出して読みたい漱石の言葉。
こころ』の解説。
といった感じでした。

はっきり言って、本当に漱石が好きな人や
小説好きにはあまりオススメできません。

漱石の、または小説の初心者が入門用に。
あるいは漱石マニアが冷やかしで読む程度の本ではないかと。

まぁ、とりあえず、次に読む漱石作品は、この本読んで考えよっと。
【2005/12/07 09:56】 文字 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ふと振り返る、冬の朝。
俺は、今年の夏のすごし方を失敗した。
学生最後の夏だってのに、なんだか現実感の無い夏だった。
とても暑いのに、その暑ささえ、他人事みたいに感じてた。

なんてことは夏ごろに日記にさんざん書いてきた訳なんだか、
今は、冬だ。

みなさん、どうですか?
冬を、感じられていますか?

それは、ただ「寒い」と感じているだけではありませんか?
それは、ただ「息が白い」のを眺めているだけではありませんか?

寒いと感じるだけ」と、
寒いと感じて冬を味わえる」というのは、違う気がする。
俺だって、一応、今年の夏は暑かったし、
人並みにセミの声なんか聞いたりもしていた。

感じるだけの季節
    と、
実感して、味わう季節

この二つの間には、なにがあるんだろう。
ただの言葉遊びに見えるかもしれないが、
俺の体験した現実感の無い夏」を表現するには、
今の俺にはこれが精一杯だ。

まぁいい。
少なくとも、今、
おれは現実の冬そのものの中で
季節を実感出来ている気がする。

今は、卒論をやって、
講座の課題やって
講座に通って
バイトもして
と、非常に忙しい毎日だ。

夏、くすぶってた頃の自分とは、こころの状態が違う。
やはり人間、何か行動していないと駄目だ。
必死で動いて、ひいひい言って、
なんとか一山越えたときに
ふっ
と感じる「季節」。
これが、
季節を実感してるってことなのかもしれない。

俺の学生生活も、いよいよ残りわずかだ。
ただしい」4年間だったかどうかなんてわからない。
今は、そんな事を考える時期じゃない。

この4年間が正しかったかどうかなんて、
怒涛の人生を過ごして、
ふと振り返ったときに、なんとなくわかる。
そんなスタンスでいいんじゃないか。

とにかく、俺は、今を生きる。
冬をこの身で噛み締めながら。

【2005/12/06 12:30】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(3) |
ダイエーの、新スローガン。
非常に今更なんだが、
非常に気になっていることがあるんだ。

非常に忘れっぽい俺なので、
非常に遅くなってしまった。
非常に申し訳ない。

が、

非情にも、誰も待ってなんかねーよなんて声が聞こえてくる(幻聴)
非常に危険な耳を持ってしまったもんだ。

まぁ、聞いてくださいよ。

ダイエーが、変わりましたよね。

なにが変わったって、スローガンですよ、スローガン。
経営危機だった(というか破綻した?)ダイエーが、
新しいスローガンとシンボルマークで再出発したんだって。

12月1日からだそうだ。
なるほど、今更な話題ですね。
まぁ、んなこたどうでもいい。

新たなスローガンは、

   ごはんが
   おいしくなる
   スーパー


で、シンボルマークがこれ↓
logo.gif


ずいぶん今風になったじゃないの。
マークのデザインも、今っぽく、かわいらしく、好感を呼びそうだ。
(ハートがモチーフらしい。)

スローガンも、ジツに、ジツに今風だ。
さして目新しいわけでもないが、
スーパーマーケットがこのようなスローガンを大々的に掲げる用になった事。
この事実が今風だ。

イトーヨーカドーなんかも、最近じゃTVCMをガンガンオンエアし、

I LOVE 生活。

(LOVEの部分は、ハートマークです。)

なんて今っぽいスローガンを掲げ始めている。

こういう「やわらかい」感じのキャッチフレーズを、
最近、食品業界でよく目にしませんか?

そのはしりは、明治の

おいしい牛乳
(これはあくまでネーミングだけど。)

あたりでしょうか。

この潮流をよく頭に叩き込んでおこうと思います。

この先、
多くのスーパーや大企業が
日本語の柔らかさを利用したスローガンを採用するようになってきたら、
なんだかとても
日本がやさしい、スローな国になっていくような気もします。
ことばのイメージ力って、ものすごいですね。

最近、ITの成長ですこし不安な広告業界、
とくにコピーライターには、いい流れなんじゃあないでしょうかね。

と、コピーライター志望の
しがない
ぺーぺー学生が
独りごちる
ダイエー再生の幕開け、冬の陣でしたとさ。
【2005/12/04 22:22】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
こんがらがってとんがったどんなもんだい? (なのるなもない)
人は、いろんなものに、影響を受ける
それは、親しい友人のハナシだったり、
漫画だったり、
映画、音楽、本かもしれない。

TVゲームからも影響を受けるだろうし、
TV番組やラジオ、インターネットも影響力は強い。

その中から、どんな方向性の情報を選び、
どんなジャンルの思考を好むようになっていくかは、人それぞれ。
それこそ、100人居たら、100通りの価値感創生の過程がある。

俺は、その事をものすごく大事にしたいと思っている。
どんなに自分と意見の違う人であろうと、
馬鹿にしてはいけない。
ひょっとすると、自分の価値観のほうが間違っているのかもしれないし、
一般的には相手のほうが正しいのかもしれない。
いや、そもそも、「価値観」なんてもんに、正しい、正しくないの差なんて無いんだと思ってる。

(さすがに「人を殺しても良い」なんて価値観は間違っていると思うし、
 感じてはならないとは思うが。)

何度も、このブログに書いているように、
価値観は、人それぞれ
そこで大切なのは、価値観の違いを争ったり、諦めたりする事じゃあない。
どうしてこの人がこのような価値観を持つようになったんだろう
と考える事が、大切だ。

またもや前置きが長くなったな・・・。
今日、書きたかったことは、ここから始まります。(手短に済まそう)

冒頭で書いた、影響を受けるっていうこと。
特に予定の無い休日は、いろんなものに触れる事になる。

たとえば今日、俺は

広告雑誌を3誌、それぞれを少しだけ読んだ。(1特集分くらい)
②HIP HOP 雑誌『blast』を少しだけ読んだ。
③ヘミングウェイの『われらの時代』を、ニックのとこだけ読み直した。
④漫画『DEATH NOTE』9巻をパラパラと読み直した。
⑤糸井重里のサイト、『ほぼ日刊イトイ新聞』にアクセス。
⑥ヲタクが抱き枕を彼女だと言い張るミョウチキリンなブログにアクセス
⑦卒論関係の「環境意識」系の文献をすこし漁った。
CDを4枚ほど聴いた。(BGM利用有)
ファッション関係のホームページを廻った。
⑩COWBOY BEBOPのDVD、『天国の扉』を観た。

・・・。
他にもたくさんあるが、書ききれないので大まかに載せてみたが、どうだろう。

もの凄い情報量だ。
ひとは普段、何気なしに生活していて、こんなにも沢山の情報に触れてるんだ。
俺は、テレビをほとんど観ないので、よく観るという人は、これ以上って事だ。

ふと、心配になりません?
頭、パンクしちゃうんじゃないか」って・・・。

今日、俺が触れてきた物だって、
一つ一つジャンルは違うし、表現方法も違う。
仮に同じ「文章を読む」ものだけをピックアップしたとしても
文章の書き方とか、内容の性格なんて、
一つ一つ違うんだ。

一つ一つの感動や学習が、こんがらがって
結局は何の意味もなさなくなってしまいはしないか?
ふと、心配になったんだ。

でも、ふしぎとそんな事はない。
これだけの量の情報を、脳みそはきちんと分類、処理し、
俺のこころに刻み込んでくれる。

脳みそってのは、素晴らしい
こんなちっこいものの中で、
もの凄い量の情報が渦巻いているんだ。

たまには、脳みそを休ませてあげよう。
そうも思ったのだが、
結局、またあらたな媒体に手を伸ばしてしまう俺なのでした。

脳みそよ、
もう少し、頑張ってください・・・。
【2005/12/03 20:29】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
美容院を、楽しみませんか。
今日は、髪の毛を切りに行って来た。
県民の若者でごった返す街にあるその美容院には、
高校一年からお世話になっている。
かれこれ6年もの付き合いって訳だ。

その美容院は、
キムタク主演の某美容師ドラマによるカリスマ美容院ブームのおかげか
当時、俺の通っていた高校で微妙に話題になった店だった。

もちろん、カリスマ美容師の居るサロンといえば、都内だったんだが
当時の俺にとってトウキョウはとても遠い町で、
買い物に行くにしても事前の下調べが欠かせないような存在だった。

そんな中、一応県内で、そこそこおしゃれな街に
評判の良い美容院があるなんて聞いたら、
オンナのコの視線と、自分の髪型をひたすら気にかける年頃の男なら、
飛びついても何の不思議もないだろう。

と、いう訳で行って来たんですよ今日も。
車で駅まで20分、駅から30分電車に揺られて。(遠ッ!!)

「ずいぶん久しぶりに来た気がするな~。」

会員カードを見ると、前回のカットは9月。
3ヶ月も伸ばしっぱなしだったんかい。
そりゃあ、帽子からはみ出す髪の量も半端無いわけだ。
メッシュキャップのベルトを1穴ゆるめなければならないほどに。

やっぱり、髪型ってのは重要だ。
カット前、俺の頭は雨上がりのホトちゃんに軽いクセを加え、
少しだけまともに修正したようなどうしようもない頭をしてたんだ。

それが、美容院を出る頃には、
頭だけ見ていれば
「どちらのタレントさんかしら?」
奥様も振り返ること必至のおしゃれヘアーに変身していました。

まぁ、髪型だけは、のハナシだが。
(その上、俺の外出時帽子着用率は80%を優に超えているため、
 宝の持ち腐れ説もちらほら聞こえる。)

まぁ、いいじゃないか。
俺は、素敵な髪型だけを求めているわけじゃあないんだから。

6年来の担当美容師さんとたわいも無い話をし、
来店し始めるようになった頃はまだシャンプー係だった女の娘が
今や立派にはさみを握っている光景に妖しい笑みを浮かべることも
なかなか素晴らしいひとときなのさ。

カット後、書店に行き、DEATH NOTEの最新刊と卒論関係の本を一冊購入してから
スタバで(このくそ寒い時期に何故か)ランバフラペチーノを飲みながら
デスノートの複雑化に頭を抱えていましたとさ。

―やはり寒くなってホットコーヒーを追加し、
 胃と財布が痛くなったというのはまったくの想定外(流行語)だったとさorz―

【2005/12/02 21:51】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ペルソナを作成し、演じてみる。
俺のブログは、どうにもブログらしくない。
他のサイト様を見て回っていて、常々そう思っていた。
だから今日くらいは、「ブログっぽいブログ」を書いてみようかと思う。

そのためには、まず、文の調子から変えなくてはならない。
脳の切り替えを行うため、すこし、お待ちください。




それでは、いきます。



こんばんわ!!
いきなりだけど、今日は僕の家にある「」のお話をしようと思います。(^_^)ノ

僕の家の西隣には、昔、分校があったらしいんです。
今では、もうなくなっちゃったんですけど、
たしかに分校があったという証明のために、
石碑が建てられているんですね。
NEC_0010.jpg

↑こんな感じです(^^;)ゞ
写真は、クリックすると大きく見れます!!


今は、ただの空き地になっているんですけど、
最近、僕の家の駐車場に工事が入っていて(コンクリの敷き直しです!!)
車が置けない状態なんですね(‥;)

そこで、久しぶりに仕事を与えられたのが石碑の広場って分けなんです!!
一時的に車はソコに置くことになりました。
NEC_0011.jpg

(↑駐車場と化した空き地の図)

いや~、そこで、見つけちゃったんですよ、
小さな秋ってヤツですか?(もう冬だっつーのヾ(~∇~;))

なんなんでしょう?
この果物?
ゆず?にしては、おっきいんですよ~☆
僕の握りこぶし二つ分はあります(!!)
NEC_0012.jpg

(謎の果物w)

まぁ、そんなことはどーでもいいですね(* ̄∇ ̄*)

そんで、その空き地、
大分使われてなかったんで、草ぼうぼうなのはもちろん、
なんか木立まで生えつつあるんですよ~!!!

だから、車を出すときは、木立の合間をぬって、道路にでるんですね。
そのときの感覚がまたなんともいえず・・・。
まるでふしぎの国みたいなんです!!
僕は、ありすなのかな?(オイヾ(-_-;))
NEC_0013.jpg

(↑運転席から、木立をパシャリ☆)

なんだか、素敵な気分で家を出る事ができました!!
なんかいいことありそうだ~!!
・・・。
なにもありませんでしたけどネーε=(ノ゜▽゜)




・・・。
最悪だ。
なんだ?このブログは?
俺は、悪い夢でも見ているのか?

いまどき、女子高生でもかけないだろ、こんな腐れブログ。
あぁ、慣れないことはするもんじゃあない。
俺には、俺のSTYLEってもんがあるんだ。
そいつに、誇りをもて。
いつまでも浮ついてスタイルが定まらないようじゃ、
女子高生にも劣ったままだぞ・・・。
【2005/12/01 21:54】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
音、文字、それとなにか興味深いもの。


    follow me on Twitter
    CALENDER
    11 | 2005/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    RECENT ENTRIES
  • 郵便局、昼下がりに。(07/05)
  • イケてないヤツこそ、イケてたんだ。(05/12)
  • 日記なんて、時間の無駄さ。(05/05)
  • 世界が無限で、時は永遠だった、あの頃に。(04/15)
  • 理由なき反抗。(04/05)
  • PROFILE
    yoshio
  • Author:yoshio
  • 音楽が好き。本が好き。ファッションもいいね。ゲームも捨てがたい。そんな節操ない人間の、分類不可能ブログです。
  • RSS
  • RECENT COMMENTS
  • yoshio(11/12)
  • risa(11/08)
  • yoshio(06/14)
  • risa(05/26)
  • yoshio(05/25)
  • risa(05/24)
  • yoshio(03/24)
  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【イケてないヤツこそ、イケてたんだ。】(05/13)
  • まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【くだらない日々の“ふせん”】(05/06)
  • まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【理由なき反抗。】(05/06)
  • まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【世界が無限で、時は永遠だった、あの頃に。】(05/06)
  • キャラボン!:(10/07)
  • ARCHIVES
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年05月 (2)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年07月 (2)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (5)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (1)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (6)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (11)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (10)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (12)
  • 2010年01月 (16)
  • 2009年12月 (20)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (10)
  • 2009年09月 (12)
  • 2009年08月 (10)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (10)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (7)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年09月 (15)
  • 2008年08月 (11)
  • 2008年07月 (13)
  • 2008年06月 (13)
  • 2008年05月 (13)
  • 2008年04月 (13)
  • 2008年03月 (17)
  • 2008年02月 (15)
  • 2008年01月 (21)
  • 2007年12月 (15)
  • 2007年11月 (14)
  • 2007年10月 (16)
  • 2007年09月 (16)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (8)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (13)
  • 2007年04月 (13)
  • 2007年03月 (11)
  • 2007年02月 (12)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (11)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (14)
  • 2006年06月 (24)
  • 2006年05月 (31)
  • 2006年04月 (34)
  • 2006年03月 (40)
  • 2006年02月 (31)
  • 2006年01月 (23)
  • 2005年12月 (23)
  • 2005年11月 (20)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (21)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (23)
  • 2005年05月 (25)
  • CATEGORY
  • 未分類 (339)
  • 音 (46)
  • 映画 (14)
  • 文字 (25)
  • つらつらと・・・。 (375)
  • ケータイから、こんにちは。 (200)
  • 日々の記憶 (7)
  • あの頃の記憶 (2)
  • LINKS
  • ヒカリノニワ
  • ROOM
  • O.U.R.
  • FREE YOUR MIND
  • くぼっちの妄想日記(暴走ぎみ)
  • 時計回廊
  • まぁなんとかなるでしょうってことで。
  • SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。