スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いつものように、いつもの調子。
私、yoshioは、本日も大学のPC室におります。
午後から、教授と卒論の相談をする予定でした。

ええ、そのとおり。
予定ってのは、未定と同義です。

教授は、午後からの緊急会議に出席するため、
行ってしまわれました。

大丈夫。
もう、慣れましたよ。

憤りも感じませんし、焦りもしません。
ただ、一抹の寂しさを感じるくらいです。




しかし、ここ一月ほどの記事をざっと読み返すと、
卒論が忙しい忙しいと言ってる記事が非常に多いなぁ。
そういう記事に限って、自分で読んでてつまらないものです。

もっと、僕に時間をください。
まさに
回らないで、地球。
回さないで、時間。
変わらないでいるから、いいかな・・・。
   (なのるなもない)

といった気持ちです。
つまらん!!
俺の日記は、つまらん!!
スポンサーサイト
【2005/11/30 15:07】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
一体、何処まで開発するんだろう。
ね・・・む・・・い・・・。
バイト先の一足早い忘年会を終えて、帰ってきたばかり。
今、シャワー浴びてきました。
イイ匂いです。俺。
ナイススメル。

非常に珍しく、駅を1つ、寝過ごしました。

地元駅を1つ過ぎたところにあるその駅は、
5年位前に新設された真新しい駅で、
新築の家々が急激に増え始めた街です。

しかし、
3~4年ぶりにホームに降り立った駅の景色は、
俺の記憶の中の風景とは、まったく変わってしまっていました。

一寸前までは、
古くからの民家と、畑。
それと点々と黒く盛り上がる林しかない
素敵に寂しい集落だったんだ。

今では、
真新しい家々が立ち並び、
まっ平らに整地された地面に、線路と電柱だけがまっすぐと伸びている。

たった5年で、ここまで変わるのか。
朝もやの中に浮かぶ新しい町をなんとはなしに眺めていると
なんだか切なくなってきたので、
2階部分にある改札から、
まっすぐ伸びる線路の景色をひとり写メりました。
200511290643000.jpg

静かな、人もまばらな朝の駅構内に、
汚らしい
「ベシャアッ」
というシャッター音が、むなしく響きましたとさ。
【2005/11/29 08:00】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
トランペット少年よ、そこは宇宙か?
バイト帰りに東急ハンズへ向かった。
お目当ては、最上階。
ペット用品のコーナーだ。

何を見に行ったって、
もちろん、魚ですよ。魚。

まぁ現実的に考えて今の部屋に水槽なんざおけるはずもないし、
居間に置いた日にゃあ家族の非難を一身に集める事になる。
まったく、夢の無い一家だ。

そんな冷たい視線にさらされるのは
俺にも魚にもよくないだろう。
冷たいのは、水槽の水だけで充分さ。

しかし、いつか独り立ちした日に備えて、
イメージトレーニングをしておくのも無駄じゃあない。
クリリンと悟飯だって、
ナメック星に向かうフネのなかでイメージトレーニングしてたじゃあないか。

しかし、イメトレごときで
額に玉の汗を浮かべてしまうお二人の妄想力にはさすがの俺も恐れ入る。
一体彼らの脳内ではどんな戦いが繰り広げられていたんだろう。

そんなことはどうでもいい。
要するに、
トランペットに憧れる少年が、足しげく楽器屋のショーウィンドウに通い、
うっとりしているときの気持ちって事だ。

しかし、だ。
お目当ての大き目の魚は扱っておらず、
見ることが出来たのは
ネオンテトラやら、グッピーやら、よくわからんが小さな河豚だったりと
一寸ばかり迫力に欠ける。

中には、タツノオトシゴを、飼ってみませんかなどと
小さなタツノオトシゴがフラフラ浮いている水槽もあったが、
はっきり言って興味は無い。

少しがっかりもしたが、
それでも、魚は魚。
水の世界である事には変わりは無い。

しばらく見ている内に、なんとも楽しくなってきた。
これは、もはや、1つの宇宙だ。
彼らにとっては、水槽の中の世界こそが全てなんだ。
ひょっとして、僕らの住んでいる世界もそんなもんかもしれない。
などと、思春期の中学生が考えがちな勘違い真理に到達してしまった。

危ない危ない。
俺は、もう21。
多感な時代は終わったんだ。
陳腐な思想を展開するには遅すぎる。

と、自分で自分がよくわからなくなってきたので、ハンズを後にしました。

うん、でもまぁ、
小さい魚もそれはそれで素敵だな。
飼育も大きいのよりは簡単だろうし、
入門編として取り入れる事も考えておこう。

そんな結論に達する事ができました。

あながち、トランペット少年も、無駄ではないのかもしれない。
彼は一体、どんな結論を見出したんだろう・・・。
【2005/11/27 21:06】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
マーケティングツールは、夢なのです。
楽しい夢を見た。
しかし、大体の場合、他人が
昨日面白い夢見てさ~。
と切り出す話は退屈である場合が多いので、
今日の俺の話も、ひょっとするとつまらないかもしれない。

それでもまぁ、忘れたくない夢は、書いておくのが一番だ。
人間の記憶はあいまいで、
中でも夢に関する記憶ほどあてにならないものは無いからだ。

それでは、一寸書いてみようか・・・。


魚を飼う夢を見た。

俺は何処か外国の町に住んでいて、
そこには見知らぬ家族がいた。

きっとスペインかイタリアだと思う。
根拠は無い。
そうであったらいいなということだ。

俺の家は異国情緒溢れる大通りに面していて、
外壁は淡いオレンジ色をしていた。
玄関は道路から一段上がっていて、
中に入るには8段ほどの階段を上る必要があった。

その階段をうきうきしながら駆け上がった。
胸に綺麗な色をした魚を入れた袋を抱えて。

その日、町はカーニバルかなにかで、通りは人で溢れかえっていた。
そこでなぜか、(スペインであるにも拘らず)
金魚すくいのような屋台が人気を集めていて、俺はそれに夢中になったんだ。

取れたのは金魚ではなく、
青と緑の入り混じった綺麗な色をした魚で、尾ひれが長く垂れ下がっていた。

そんなわけで俺は、
街路樹と家々、店のショーウインドウが立ち並ぶゆるやかな坂道
喜び勇んで駆け抜けて、オレンジ色の家の階段を駆け上がってきたというわけだ。

ところが、その家には水槽が無い。
魚を飼うには、水槽が無くては始まらない。
それに、この魚が淡水魚か海水魚かは知らないが、
すくなくとも濾過装置とか、サーモスタットなども必要になってくるだろう。

こういう瞬間が、一番楽しいものだ。
色々必要なものを考えて、リストアップする。
それだけで、気持ちが高揚する。

俺は再び8段の階段を駆け下り、大通りを右に走った。
3軒となりになぜかスペイン風の東急ハンズみたいなものがあって、
そこで機材を揃えるのだ。

・・・。
そんなところで、眼が覚めた。
なんだかすごく、魚を飼いたい。
アクアリウムに対する気持ちが、久しぶりに湧き上がってきた。
今は、時間もスペースも無いから無理だけど、
いつか、一人暮らししたら、きっと・・・。
【2005/11/26 14:24】 つらつらと・・・。 | トラックバック(1) | コメント(2) |
なによりも、音楽が素晴らしい。
先日、teriyakiboyzの記事を書いたときに
KAMIKAZE108」に出てくるフレーズ、
ワタ~シハ~トキョオスキ~
は一体何なんだという疑問を残して筆をおいた私ですが、

気になってんなら、調べるさ。

というなんともいいがたい信念の元、調べてみましたよ。

そもそも、このフレーズを初めて聴いたのは、
キミドリの『Oh!! What a Night~オ・ワ・ラ・ナ・イ~』の中。
その後、ECDオレは喋るSAXは叫ぶ』でも同じフレーズを耳にし、
ずっと気にかかり続けてきました。

そして先日、TERIYAKIBOYZのそれにより、
俺の知的好奇心、及び欲求は限界に達したのです。

インターネットは素晴らしい。
様々な検索を駆使して、ぼくはついに真理にたどり着きました。

 ♪ワタ~シハ~トキョウスキ~♪とは、

Kevie Kevによる『All Night Long (Waterbed)』という曲の中で
カタコトの日本語で歌われているフレーズらしいです。

さて、知的欲求は満たされました。
そうすると、人間ってのは贅沢だ。
今度は聴いてみたくなって仕方が無いって有様さ。

でも、大丈夫。インターネットは素晴らしいんだから。
早速某所で検索かけたところ、さくっとダウンロード出来ちゃいました。
早速、聴いてみましょう。

・・・。
う~ん、心地よいねえ♪
80年代の曲だけあって、オールドスクール感バリバリですが、
ネタ元の「ALL NIGHT LONG」(有名だから聴けばわかるよ、たぶん。)
のおかげもあってか、とってもスムージィ。
爽やかなトラックに、一瞬聞こえる
 
♪ワタ~シハ~トキオスキ~♪

面白すぎwww
でも、普通によい曲でした。

うん、今日もまた、1つ知識が増えたぞ。
昨日の自分より、賢い事はマチガイナイ。
インターネットは素晴らしいが、人生はもっと良いもんだ。

なぜかついでに
Luther Vandrossの「Never Too Much」もダウンロードしたってのは、また別の話・・・。
【2005/11/24 20:58】 | トラックバック(0) | コメント(0) |
冬の主役を、みつけました。
ようやく、今期のアウターを確保する事ができました。
かれこれ一月近く、
アウターは~・・・
アウターは何処じゃ~・・・。

などと眼を血走らせつつ様々な店を回り続けていたわけだが、
ようやく今日、報われました。

実は昨日、気に入ったジャケットを見つけたんだけど、
Lサイズが売り切れで、
千葉の柏店なら、一着残ってます。
などという無茶なアドバイスを受けていたのです。

甘い。
甘いよ店員。
ケーキ。
味覚的に甘いよ。

不可能を可能にするのが、このYOSHIOであり、
無理といわれたら死んでも達成しなきゃ気がすまないひねくれ者です。

そんなこんなで、2時間半かけて、柏に到着。
千葉の原宿なんて呼ばれているそうだが、
何処がどう原宿なのかとんとわかりませんでしたな。

しかも、お目当ての商品、あったことはあったんだが、
Lサイズなのに小さいの何の。

どうやら今年は、短め丈、細身な造りが流行らしく、
どの店に行っても
てめえら自分の意思はねえんかと思うくらい同じような展開。

流行ですといわれたら、着たくなくなるのがYOSHIOであり、
かといって、ちっとも流行ってませんといわれても着たくなくなるひねくれ者です。

結局、何も買わずに柏を出る。
スターバックスでキャラメルスチーマーを飲んだ事くらいが思い出でした。

あきらめきれず、池袋を徘徊する。
そこでふと、思い出しました。

たしか、友人の青星氏がPコート買った店がこのビルにあったず・・・

あいまいな記憶にふらふら引っ張られつつ、
Editionへ。

そこで、あったんですよ。運命的な出会いは。
もうね、ビビビどころじゃない。
俺の頬にヒリヒリと焼き付いてきやがった。
200511232116000.jpg

YOSHIOさん、グレーの(写真では紺に見えるが)ミリタリージャケットお買い上げです!!

う~ん、一体、今日の柏ツアーはなんだったんだ・・・。
まぁ、結果的によかったから、よしとしようか。
【2005/11/23 21:24】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
僕らが眠らない理由。(GAKU-MC)
二日間続けて、学校のPC室にいる。
卒論がかなりマズい。

俺の打ち込み方がわるいのか。
俺の頭が悪いのか。
教授の頭がカタいのか。

おそらく全部でしょう。

アンケート調査をするはずなんだが、
そのアンケート項目にGOサインを出してくれない。

教授に見せてない人なら、こんなめんどくさい手順なんぞふまずに、
いきなしアンケートできたりするんだろうな・・・。

もういいや、
こんなとこで愚痴っていても物事は解決しないし、
教授の頭もやわらかくなったりはしない。

やるっかねーよな。

さて、作業に戻るか・・・。
がんばるしかないしね。
【2005/11/22 13:13】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
お茶を濁すのは、やめませんか。
今日は、日記じゃあない。
ひとからみたらどうでもいい。
自分のためのメモ帳みたいなもんだ。
今、読み返してみてわかる。

イタい内容だなぁ・・・。
まるで、青春まっただなかの中学生のようだ。

まぁいいや。
どーでもいいや。

さて、どうしよう。
いきなりいうのもなんだが、
いきなりいうのも一興か。

ソローは凄いよ。

H,D,ソローね。

あの森すべてが、彼なんだな。

なるほど、よくわからない。
しかしなるほど、言いえて妙だ。

そんなことはどーでもいい。
理解するか、しないか。
そこに、大切な真理は見えるのかもしれない。

あぁ、俺はどうして、
使い古された表現しか出来ないのか。
そこに、文章を書く意味はあるのか?

意味とかよ、
理由とかよ、
いらねえよ。

残したいものがあるから、ペンをとる。
要するに、そういうことさ。

あぁ、まただ。
また、どこかで聞いたことのあるような考えだ。

文明というものが生まれて、大分経つ。
その間、数々の事件が起こり、
多くの思想、名言、名著、すばらしい音楽が生まれた。

いま、俺が生きている「今」、
まったくオリジナルの表現なんて、存在しうるのか?

いや、俺は思う。
オリジナルなんて、もはやどうでもいいことだ。
大切な事は、
自分がどんな経験をしてきて、
どんな考えに触れて、
そして、それらのどれを好きだと感じるかだ。

選択する事が大切。
選択したものに、影響されて、また似たようなものを生み出す。

いいじゃないか。
似ているようでも、違ったものだ。

自分で作れなくてもいい。
既存のものから、どれを選び、どれを刻み込むのか
そこんとこの価値感さえ、ずれていなけりゃ、充分だ。

偉人になる必要は無い。
ただ、しっかりとした価値観を持つにんげんに、成りたいと思う。

そして、そうなろう。
そう決めた日のことを、今、思い出せ。
【2005/11/20 21:09】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
おまたせ、teriyakiboyz、『BEEF or CHICKEN』です。
今、話題の(知らない人も、確実にそのうちに耳にするでしょう。)
teriyakiboyzの『BEEF or CHICKEN』を買ってきました。

テリヤキボーイズとは、リップスライムのILMARIRYO-Z
m-floからVERBAL、APESOUNDSのWIZEから成るユニットです。
まとめ上げるはAPEのNIGO

ファッション好きにも、
邦楽好きにも、
HIP HOP好きにも見逃せない奴等です。

特に見逃せない点は、
プロデューサー人の豪華さです。
MARK RONSON、CUT CHEMIST、NEPTUNES、JUST BLAZE、DJ SHADOW等など・・・。
現在のアメリカのビルボードを代表するプロデューサーが顔を揃えています。

普通に作ったら、いくらかかんだこのアルバム・・・。
蟹江さんとか加えたら、JAY-Zの復活アルバムでも作れそうな勢いですw

しかし、ビビッたのは、プレミア大先生もビート提供!!
ってとこです。

正直、このメンツの間に入ると思うと違和感感じまくりです。
しかし、
プレミア様のビートに日本人がラップを乗せる機会なんて前例無いだろうし
この先もありそうにない。
俺は、アンタのために買ったよ。このアルバム。

さて、そんなこんなで、このアルバムのチェック項目を軽く紹介しましょう。

200511182022000.jpg


まずは、日本人丸出しの七三分けジャケ。
さらに中表紙ではビートルズをサンプリング?(髪型w)
まぁ、日本人のイメージを逆手に取って、
名刺代わりに「さぁどうよ」的なねらいですかね。

2曲目、マークロンソンによる「THE TAKEOVER」は、
いかにもまーくんらしいトラックに
NITROの楽曲を髣髴(俺だけか?)とさせるフックでアガる。

3曲目、ダフトパンクの「HeartBreaker」では、イントロから最高潮。
クラブでかけたら大爆発マチガイナシ

カットケミストによる5曲目「SCHOOL OF ROCK」(某日本映画名をサンプリング?)では
HIP HOPのいろはを学校という舞台に落としてレクチャー。

期待のネプは6曲目、「超LARGE」。
ネプお得意のスカスカ感+Frontin的な爽やかさのいいとこ取り?
でも、ラッパー勢は乗りにくそうにも感じたかな?

スキットではゆうこりんのシャウトアウト(!!)が聴けるという小ネタがw

スチャダラの名曲をオマージュにした「今夜はバギーパンツ」←w
なつかしの歌詞についついホロリと来る馬鹿な俺は今年で22歳。
おなじみのジャスブレ~~~~イのシャウトにも、ちょっと感動。

おまちかね、プレミア先生の「YOU KNOW WHAT TIME IS IT?」は
初っ端のスクラッチに昇天
カッコよすぎます。大先生。
意外と相性も良いかも。プレミア・ビーツと日本語ラップ。

DJ SHADOWによる「KAMIKAZE108」は以外にもアゲアゲなラップが好印象。
ところで、
わた~しは~トウキョウすき~」のフレーズ、何なんだろう・・・。
日本語ラップでチョコチョコ使われてるよなぁ。
誰か、しらない?

ふう・・・。
聴き所は、まだまだたくさんありすぎるので書けません。
しかし、一言言っとこう。
買って損なし、テリヤキボーイズ。

おうちで聴きこむよりも、クラブで首を振りましょう。

最期に、日本語ラップの名フレーズを要所要所で挟み込んでくる
バーバルにはヤラれました。
メインストリームのことしか考えてないと思ってたのに、
意外とイイヤツじゃん。バーバル(はあと)
【2005/11/18 21:17】 | トラックバック(0) | コメント(4) |
日記を読み返すと、こうなります。
どうやって、記憶に残すか。
それが、大切だ。
記録より記憶に残すなどという美辞麗句がもてはやされている訳だが、
記憶ってのは概して無責任なもんだ。
だいたいよ、ここの管理人は、ただでさえ忘れっぽいんだ。
そんなオトコつかまえて、
記憶がどうこう言ったところでどうしようもねえだろ。

おっと、失礼。
今日は、yoshioじゃないんだ。
まぁ、文調がいつもと違うので分かった人も居るかもしれないが、
マスターです
脳内酒場の。

このブログに登場するのは4~5回目か?
まぁ、文を書いてるって事に関しちゃ2回目だが。
そろそろ、この酒場にも名前をつけてやりたいんもんだ。
なにしろyoshioの野郎は、無謀にも
コピーライターなんて胡散臭い職に就こうと頑張ってるって話だからな。

商品のネーミングを考えるのも、コピーライターの重要な仕事のなんだろう?
ここはひとつ、俺が最初のクライアントになってやろう。

ん?
卒論とかで忙しいからパスだって?
つれないねえ。
つーか、おまえ、さっきから何やってんだ?
ず~っとパソコンに向かいっぱなしじゃねーか。

ふむ、ふむ、なるほどね。
さっきから、このブログの記事を読み返していたのか。
それで俺が呼ばれたってわけか。
まったく、本当は暇なんじゃないのか?

そうか、それで俺は冒頭、
記録がどうとか記憶がどうとか口走っちまったのか。
所詮、俺は実体を持たない虚構の存在。
yoshioの思索が、俺の頭に影響を及ぼしちまうんだからな。

おっと、あんな女々しい野郎とおんなじ脳内だなんて
勘違いしないでくれよ?
脳は1つでも、思想は1つじゃない。
俺は、俺の価値観で生きている
自分のポリシーを持つ事。そいつが大切だ。

ん?
このブログを読み終わったyoshioがなんか言いたいそうだ。
しょうがねえ、俺はここらで退散するよ。
まったく、勝手なオトコだぜ。

・・・
・・・、
・・・。

yoshio back again!!

(ヨシヲバッカゲン!!)

帰ってきましたよ~。
ブログ散策の旅から。
いや~、俺もずいぶんとたくさん書いてきたもんだなぁ。
読み返すと、当時の気持ちとか、
考えが蘇ってきて実に青臭い気分になる。
この腐れブログにも、少しは役に立つところがあって嬉しいです。

ん?
いい気分で居るとこ申し訳ないが、
そろそろ課題をやらないとマズイぞ?

あらら、マスターに怒られてしまったよ。
じゃあ、ここいらで
今日はさようなら。

また、気まぐれが湧き上がったときにでも。
【2005/11/15 20:16】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
昼下がりというのは、どうしてこうも気が抜けるのか。
今日は、脳内が活性化していません。
よって、簡潔に済まします。

明日が、以前ココでお話した宣伝会議賞の締め切りです。
さきほど、wordでコピー案を出力し、封筒に収めました。

書いているときにはテンションが高いので
「イイ!!」(・∀・)
と思ったキャッチも、冷静になって選んでみると
「ナンジャコラ・・・。」('A`)
となりがちです。

結局、厳選した14本を携えて、宣伝会議賞に臨みます。

賞に取り組み始めた当初、目標をたてて、ここに宣言した俺ですが、
見事に不達成でした。

講座の授業、課題、
卒論、
卒業旅行資金集め

などで忙しかったというのは言い訳なので言いません。
(しっかり言っているw)

僕は、弱い人間だといいましたが、
意思までも弱い人間のようです。

さて、今日も、これから講座です。
前回、老人ホームのネーミング案の採点が行われると予告しましたが、
それは前回の講義では行われなかったため、今日に持ち越されたようです。

さぁ、行ってきます。
【2005/11/14 12:25】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
APEの旺盛とラッパーについて。(さわり)
最近、またTHE BATHING APE周辺が元気になってるねえ。
4~5年前に、裏原あたりで旺盛を極めたこのブランド、
今再び、注目が集まってます。

なぜでしょうか。
なぜでしょう。

HIP HOPとか普段聴かない人に取っちゃ、まったく分からないでしょう。

いちお、もはや常識レベルですが、説明します。


海外のラッパーに人気なんだよ。


この一言に尽きます。
超大物プロデューサー軍団、ネプチューンズのPharrell(ファレル)を筆頭に、
(すこし音楽聴く人なら、N.E.R.D.のすぐ脱ぎたがる黒人といえばわかるかなw)
数多くのラッパー、DJ、プロデューサーが身に着けています。

でもね、ここで、想像してください。
メチャクチャガタイのいい
メチャクチャいかつい
黒人のラッパーが、
かわいらしいMILOマークのパーカー着てる姿を。

・・・。
はっきり言って、笑けます。

まぁ、さすがに
50とか、DREとかのハーコーな人たちは着てないみたいですが・・・。
(それはそれで見てみたい気もするがw)

どうやら、APEを好むアーティストにも、その傾向があるようで、
いわゆるギャングスタなラッパーよりも
ヲタク的にビートを追求したり音源を掘ったりする連中のほうが
着用率が高いようです。

それは、デザイナーであるNIGO氏の性格にも寄るんでしょうか。

しかしねえ・・・。
ファッションは自由とはいえ、
日本のヘッズってのは、すぐに米の真似をしたがるからなぁ・・・。
もうすこししたら、
かわいらしいMILOパーカーを着たB-boyくんが街に溢れるかもしれません。

teriyakiboysも着てるしね・・・。
(彼らは似合っているが。
 やはり、ビルボード上位のファレルと、日本のポップ・ラップ・スター、
 共通点が見えますね。)

APE着たBで溢れかえるマンハッタンレコード・・・。
きっと、素敵な眺めでしょう。

最期に、雑誌BLASTから、APE着たSWIZZ BEATSをご紹介。
まずは、昔の、APEじゃないSWIZZ。

swizz.jpg

怖や怖や・・・。


それでは、今のSWIZZです。







200511131127000.jpg



どうみてもHGです。

本当にありがとうございました。
【2005/11/13 12:11】 つらつらと・・・。 | トラックバック(1) | コメント(4) |
選ばぬ事を選ぶ、けだるい午後。(なのるなもない)
怒涛のような一週間が去り、
ぼくの部屋にも、ようやく平穏な時間が戻ってきました。

忙しい日々を過ごしていると、
部屋は自然とちらかりがちです。

今朝、ふっと部屋を見回して
その汚さに愕然としたぼくは、
昼過ぎから部屋の大掃除を始めました。

これは、講座の資料。
これは、卒論の資料。
こっちは、宣伝会議賞の資料・・・。

この半月ほど、
あらゆる資料を見つけてきては、机に積み、
また必要になってから、うず高く積もった山の中から引っ張り出す。
こんな事を繰り返してきた所為で、
何処にどの資料があるのか、さっぱり分からない状態でした。

今、ここで火をつけたら、あっという間だな

ふと、そんな考えが頭をよぎり、むなしく笑う自分に気付きました。

いかんいかん。
しっかり「シュウジ」の影響受けとるがな。
忘れろ。ヤツの事は忘れるんだ。
いや、「忘れては」ならない。
こころに留めるんだ。
そして、学習しろ。
おまえのなかに、シュウジの姿を刻み込むんだ。
きっと近いうち、役に立つ。
ひとり」に立ち向かう勇気が必要になるときが、きっと来る。

相変わらず『疾走』の衝撃から逃れられずに居る自分を
脳内でマスターに一喝してもらいつつ、
ふと、
現実世界に戻ったときには、
部屋の掃除は終わっていました。

時間にして、おおよそ2時間弱。
ぼくは、浦島太郎だったのです
意味なんてありません。
説明する気さえ、今はありません。
想像してください。
そして、なんとなく、つかめた様な気がしたなら、
それがきっと、正解です。







・・・。
正解は、見つかりましたか?
【2005/11/11 21:08】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
強いって、つまり何?
重松清の『疾走』を読み終えました。
う~ん、この作品、読んだのが今でよかった・・・。
200511102051000.jpg


こんな作品、中学時代の多感な時期に読んだりしたら、
確実に悪いほうに影響を受ける自信があります。
人によっては、良い影響になるのかもしれないが、
そこはやはりひねくれものの俺。

ほぼ100%マチガイナク
主人公シュウジに憧れて
穴ぼこの様な眼をしてみたり、
孤高キャラを気取ってみたり、
危険な場面を見て笑みを浮かべたりして、
周囲にキモがられていた事でしょう。
(中学時代の俺は、今よりさらに嫌世的で、壊れたものが好きだったからなぁ・・・。
 思い出すだけでイタいぜw)

でもね、キモいのは、シュウジに憧れて勘違いをするであろう中学時代の俺であり、
シュウジは決してキモくありません。

今の俺は、決してシュウジに憧れたりはしないし、
穴ぼこの様な眼を練習したりはしません。

これから読もうと思っている皆さん。
暗いですよ。この本は。
もうね、世の中に存在し得るあらゆる苦難が主人公に降りかかってくるわけですよ。
主人公は、誰にも頼る事ができず、
聖書だけにあいまいながらも光を見出し、
ひとり」である事に打ち勝とうとします。

俺は、最近流行の純愛がどーしたとか
運命の出会いがどーしたとかいうお話にはまったく興味はなく、
こういう今の社会を斜めに見ちゃうような
マイノリティ的に暗い話とか大好きなので
迷うことなくこころの名作コーナーに持って行きました。
興味のある人、どうぞ。
あんまし、影響されすぎないように気をつけてw

あぁ・・・。
シュウジよ。
お前は、強い「ひとり」になりたかったのか?
お前は、結局強かったのか?
今考えてみてもわからない。

とてつもなく、強い少年にも思えたし、
切なくなるほど、弱く、寂しい少年にも思えてしまう。

一体、シュウジの取る行動は正しかったのか。
それは、俺にはわからなかった。
きっと、俺が強くない人間だからだろう。

いつか、俺にも理解できる日が来るよう、
強い人間になりたい。
「ひとり」、「ふたり」なんかにこだわらない、強い「にんげん」に。

大好きです
この作品

あ、もうすぐ、映画化されるらしいね。
この壮絶で、残酷で、いとしすぎる物語を、どう映像として描くんだろう。
ちょっぴり、心配で、
ちょっぴり、楽しみだ。
【2005/11/10 21:24】 文字 | トラックバック(0) | コメント(0) |
一息入れよう。
良し。
今日提出の講座の課題、終わったぞ。

中間発表も、おかげ様でとくにこれといった失敗も無く
今日の課題も、なんとか終わった。

後は、これから青山まで講座受けに行って、
老人ホームのネーミング案課題の講評を受けて、
明日の卒論ゼミを終えれば、

ようやく一息つける。

やれやれだ。
でも、充実した1週間だった。
一寸ばかり疲れもしたが、なんやら清清しい気持ちでいっぱいだ。

さぁ、そろそろ準備をせねば。
ここいらで今日の日記は終了します。
また明日 ノシ
【2005/11/09 14:44】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
目をそらすな。これが、現実だ。
ぼくは、臆病な人間だ。
何も出来ない、
ちっぽけな人間だ。

本当は、知っているんだ。
少しの勇気で、なんだって踏み出せるってことを。
知っているのに、それをやらない人間。
それを世間じゃ、臆病な人間と呼び、
そしてぼくは、臆病な人間なのだ。

そうさ。
俺は駄目なヤツさ。
笑うなら、笑ってくれよ。
笑ってくれたほうが、まだマシさ。
こっちも、笑いさえすれば、その場はしのげるんだから。
ぼくは、臆病な人間だ。

課題に取り組むのが怖い。
机に向かったら最後、言い訳は出来ないからだ。
机に向かうという事は、考えるという事
考えても、アイディアが浮かばなかったらどうしよう。
才能が無いんだということが、証明されてしまう。
だからぼくは、逃げている。
考えていなければ、アイディアが浮かばないのは当然。
言い訳が出来るからだ。
アイディアが出てこないんじゃなくて、考えてないだけさ
ぼくは、臆病な人間だ。

初対面の人に話しかけるのが嫌だ。
冷たくあしらわれたら、どうしよう。
自分の器の小ささに、呆れられたらどうしよう。
そもそも、こんな事を考えている時点で器が小さい
もう駄目だ。
どうせ、傷つくなら、話しかけないほうがいい。
言い訳だけが、うまくなる。
ぼくは、臆病な人間だ。


月の下

照らされるのが怖いくせに

光が嫌いなフリをした
。    (なのるなもない)


なにをやるのも、怖くって。
なにをやるのも、億劫で。

言い訳ばかりで、目をそらし続けていた。

ほんの少し、勇気を出せば、なんてことないことなのに。



う~ん・・・。
俺の超サイヤ人レベルのめんどくさがりの性格を
表現しなおすと、こんなにもダメダメ人間になってしまうのか・・・orz
自分で誇張しながら書いてるのは分かっているんだが
書きながら少しヘコんだぞ。

ものはいいよう。
ひともそう。


俺の性格も、表現によっては、見る人によっては、
こんな風になってしまうという事だ。
意識して、直していこう。
自分の悪いところ。
目をそらさずに。
まっすぐに、向かい合いながら・・・。
【2005/11/08 11:39】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
いよいよ、前日。
うしゃーーー!!
明日は中間発表だ( ゚Д゚)ゴルァ
9時からだ( ゚Д゚)ゴルァ
でも準備があるから集合は8時だ( ゚Д゚)ゴルァ
8時に行くという事は俺は4時半に起床するんだ( ゚Д゚)ゴルァ

そんなの・・・。


 や っ て ら れ っ か 。


と、いうことで僕は今夜、最終電車で旅立ちます。
行き先は、新宿、ネットカフェ。
ネカフェで作業をしつつ、
起床時間を遅らせようという魂胆です。

浅はかですが、4時半起きには耐えられそうもないし
確実に寝坊する自信があります。

USBと、ファイルだけをお供につれて。
お、忘れてた。
通称「天狗」氏も傍らに。

さぁ、明日のわれらの運命は!!
輝く未来は果たしてあるのか!?

乞うご期待。
【2005/11/06 20:05】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
五感のすべては、「思い出」を記録する。
レイチェル・カーソンは自身の著書、『センス・オブ・ワンダー』でこう言った。
嗅覚は、他のどの感覚よりも記憶を残す能力に長けている。
              
   200511051433000.jpg

もちろん、嗅覚だけじゃない。
視覚も、聴覚も、味覚も、触覚だって
「ふっとよぎる思い出」
を記録する力を持っているはずだ。

今日は、ふとその言葉を思い出したから、
思わずブログに書いてみた。

さて、なんでまたこんな事を言い出したのかといいますと、
石油ファンヒーターを出してきたんだ。
押入れから。

まだまだ暖かいだとか
気が早いとかいう人は、我が部屋の寒さを知らないのでしょう。
世間の気温が22℃ある場合、俺の部屋は12℃
どないやねん。

で、出してきましたよヒーターを。
出してきたらそりゃアンタ、点けるってのが人情じゃないですか。
寒いし。

そう。ヒーターのスイッチを入れ、
点火するまでの1~2分。
思えばここが、俺をPCの前に駆り立てた
素敵な時間への入り口だったんだ。

ジジジジジ・・・・。

火花が散りはじめた。

ボッ。
点火する。

ヒーターは、
ゴーっという静かな音を立てて温風を吐き出し始める。

あたりに、石油の匂いが漂う。

あぁ・・・。
冬の匂いだ。
あぁ・・・。
冬の音が聞こえる。

そうか。
冬なんだな・・・。

部屋の外では気温が22℃もある上に
まだまだ紅葉も本格化していないというのに、

ヒーターが発する音と香りは、
たちまち俺の部屋を冬にしてしまった。

俺は、この匂いをかぐと、大抵幼い頃の冬を思い出す。
あの頃はまだ、狭いほうの家に住んでいて、
コタツがあって
窓ガラスが曇って
それに絵を描いて遊んでいた。
静かだった。
ヒーターがうなる音だけが静かに響く。

あの頃は、もっと雪がふっていたなぁ。
あの頃は、もっと雪が好きだったなぁ。


今年は、どうやら暖冬らしい。
今年は、雪が降るのだろうか。
【2005/11/05 15:22】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
忙しいってことは、ある意味、幸せだ。
と、思わなくてはやってらんないくらいに
週末は、修羅場だ。
月曜日、卒業論文中間発表会。ヤバい
水曜日、講座の課題締切日。マズい
さ来週、宣伝会議賞締め切り日。ハヤい

今のところ一番焦らなくてはならないのが中間発表なんだが
どうにも納得のいく出来に仕上がらない。

明日には教授と打ち合わせせにゃならんのに、
すぐに明日は来ちゃうよ

それが無事に終わったとしても(無事に終わる気なんて全くしないが。)
一息なんてつく暇も無く、課題の追い込み

その後は、宣伝会議賞の追い込み
卒論アンケートの追い込み

もうね、髪の毛も切りにいけないほど予定が詰まってるんだよね。

いや、弱音を吐くな。
ここが、正念場だ。
俺が、まともな人間であるのかどうか、
俺が、まともな人間であり続けられるのかどうか。
試しているに違いない。
そうだろう?

知らん振りの神様よ。

やってやろうじゃねえか。
見てみぬフリを決め込んで、横目で此方の焦る様子をじっと観察する神さまとやら、
俺は、こんなもんじゃ、潰れやしないさ。
残念だったな。

青い
空の
何処に
いるのか
俺には
分からないけど
きっと
いつか
会いに行くよ
まずは
今の
この
仕事を
終わらせなきゃな。

さぁ、もう一ふんばり。

と、いうわけで、2~3日は日記の更新が出来ない
または
更新は出来ても、今日のようにやっつけ仕事になる可能性が非常に高いのですが
そこらへんは
ご勘弁を。

みなさん、卒論、頑張りましょう!!
【2005/11/03 12:48】 つらつらと・・・。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
志人のソロはアヤワスカ。
ついにでましたよ降神の志人のソロEP!!
1500枚限定で昨日発売されたってゆーんで速攻買いに行ってきました。

200511011604000.jpg

針を落として、そら。
めくるめく、オリガ・ミツルWORLDに迷い込め。

今回のソロ作を聞いて思ったことは、
志人の世界観もいよいよ究極の領域に達しつつあるなってことだ。
もはや、HIP HOPって言う言葉の持つイメージ、力では表現できない音だ。

聴いていると、心の内側が息苦しくなる。
それは、なんだろう。
一種のデジャブにも似た、懐かしさ。
それでいて、見たことも無いような新しさ。

インナーランドスケープ的な懐かしさと新鮮な感動が織り交ざり、
僕の心は苦しくなるんだ。
でも、この感覚は嫌いじゃない。
もっともっと、味わいたい。
陳腐な言い方だけど、麻薬だね。志人は。

降神からすこし距離を置いた作品として先にリリースされた
なのるなもないの『melhentrips』。
こちらの作品は、降神でのイメージをガラリと変えた(少なくとも僕にはそう思えた)
世界観、フロウを聴かせてくれたが、
今回の志人はどうだろう。

それほどまではギャップは感じないんじゃなかろうか。
もちろん、A面の「アヤワスカ」では、かなり実験的なスタイル、空気感を提示してくれたし、
続く「sun de shine」、「暗殺者の恋」でも
するどい描写、ストーリーテリングを披露してくれた。

しかし、衝撃を受けるほどの変化は見られなかったと思う。

それは、(本当に、心のソコから)いい意味で期待通りの作品である訳だし、
降神の世界観には志人が欠かせないことをあらわしているように思う。

なんかもう、言葉じゃ伝えきれないよ。
(俺の頭が足りないだけか)

と、いうことで試聴できるサイトを掘ってきました。
たいして興味も無いのにここまで読んでくれた素敵な読者様。
是非とも、最後の力を振り絞って試聴してみてください。
それで、嫌いなら、もう何もいいません。

どうぞ。
http://www.cisco-records.co.jp/cgi/title/techno/detail_147962.php

ちなみに、
初めての人でも比較的とっつき易いのは
「暗殺者の恋」。
次は
「sun de shine」。
その二つを聴いて、
あ、嫌いじゃないな。と思った方だけ、「アヤワスカ」を聴く事をオススメします。

それだけ、前衛的ってことです。はい。

あぁ、アルバムが楽しみだ☆
【2005/11/01 20:48】 | トラックバック(0) | コメント(2) |
音、文字、それとなにか興味深いもの。


    follow me on Twitter
    CALENDER
    10 | 2005/11 | 12
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    RECENT ENTRIES
  • 郵便局、昼下がりに。(07/05)
  • イケてないヤツこそ、イケてたんだ。(05/12)
  • 日記なんて、時間の無駄さ。(05/05)
  • 世界が無限で、時は永遠だった、あの頃に。(04/15)
  • 理由なき反抗。(04/05)
  • PROFILE
    yoshio
  • Author:yoshio
  • 音楽が好き。本が好き。ファッションもいいね。ゲームも捨てがたい。そんな節操ない人間の、分類不可能ブログです。
  • RSS
  • RECENT COMMENTS
  • yoshio(11/12)
  • risa(11/08)
  • yoshio(06/14)
  • risa(05/26)
  • yoshio(05/25)
  • risa(05/24)
  • yoshio(03/24)
  • RECENT TRACKBACKS
  • まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【イケてないヤツこそ、イケてたんだ。】(05/13)
  • まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【くだらない日々の“ふせん”】(05/06)
  • まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【理由なき反抗。】(05/06)
  • まとめwoネタ速neo:まとめtyaiました【世界が無限で、時は永遠だった、あの頃に。】(05/06)
  • キャラボン!:(10/07)
  • ARCHIVES
  • 2012年07月 (1)
  • 2012年05月 (2)
  • 2012年04月 (2)
  • 2012年03月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年11月 (1)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年07月 (2)
  • 2011年06月 (2)
  • 2011年05月 (5)
  • 2011年04月 (2)
  • 2011年03月 (1)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (1)
  • 2010年12月 (4)
  • 2010年11月 (6)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年09月 (6)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (8)
  • 2010年06月 (11)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (10)
  • 2010年03月 (10)
  • 2010年02月 (12)
  • 2010年01月 (16)
  • 2009年12月 (20)
  • 2009年11月 (10)
  • 2009年10月 (10)
  • 2009年09月 (12)
  • 2009年08月 (10)
  • 2009年07月 (9)
  • 2009年06月 (8)
  • 2009年05月 (10)
  • 2009年04月 (8)
  • 2009年03月 (10)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (7)
  • 2008年12月 (11)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (9)
  • 2008年09月 (15)
  • 2008年08月 (11)
  • 2008年07月 (13)
  • 2008年06月 (13)
  • 2008年05月 (13)
  • 2008年04月 (13)
  • 2008年03月 (17)
  • 2008年02月 (15)
  • 2008年01月 (21)
  • 2007年12月 (15)
  • 2007年11月 (14)
  • 2007年10月 (16)
  • 2007年09月 (16)
  • 2007年08月 (11)
  • 2007年07月 (8)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (13)
  • 2007年04月 (13)
  • 2007年03月 (11)
  • 2007年02月 (12)
  • 2007年01月 (16)
  • 2006年12月 (11)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (14)
  • 2006年06月 (24)
  • 2006年05月 (31)
  • 2006年04月 (34)
  • 2006年03月 (40)
  • 2006年02月 (31)
  • 2006年01月 (23)
  • 2005年12月 (23)
  • 2005年11月 (20)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (21)
  • 2005年07月 (22)
  • 2005年06月 (23)
  • 2005年05月 (25)
  • CATEGORY
  • 未分類 (339)
  • 音 (46)
  • 映画 (14)
  • 文字 (25)
  • つらつらと・・・。 (375)
  • ケータイから、こんにちは。 (200)
  • 日々の記憶 (7)
  • あの頃の記憶 (2)
  • LINKS
  • ヒカリノニワ
  • ROOM
  • O.U.R.
  • FREE YOUR MIND
  • くぼっちの妄想日記(暴走ぎみ)
  • 時計回廊
  • まぁなんとかなるでしょうってことで。
  • SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。